名入れの手法を教えて

名入れにはペンテックス、抜染、本染という手法があります。
通常の名入れはペンテックスで行います。型染めの一種で生地の表面から顔料で染めます。リーズナブルで細かいデザインやお色にも対応できる現在最も一般的な手法です。無料サービスの名入れやイージーオーダーのれんへの名入れはこの手法を用います。
抜染とは名入れ部分に抜染剤をおき、蒸気で蒸して色を抜いて文字などを表すという手法です。昔はよく行われていた手法ですが近年の風呂敷は以前の様に色がきれいに抜けきらない点、その時は抜けていても経年で変色する点などからあまりお勧めはしておりません。
本染はその部分に防染剤おいて染めずに文字などを表わしたり、生地から染めこんで表す手法です。
ペンテックスよりお時間と費用がかかります。

norennaire

リニューアル記念セール!

  1. s19-0
    絽の涼しげなちりめんです。 ラスト1枚! 品質/絹100% サイズ/約45cm…

ランキング

のれん名入れ

noren-naire

制作例

制作例
ページ上部へ戻る