カテゴリー:生活・文化

  • 手ぬぐい 河童(大)

    頭の上の皿、背中に甲羅、キュウリが好物など、日本で最もよ く知られている妖怪の一つ。川や池などの水界に住むと云われ、 悪さもするが間抜けで、憎めないいたずら者の伝承は全国各地 に伝えられています。 約37×118c…
  • 手ぬぐい 河童

    頭の上の皿、背中に甲羅、キュウリが好物など、日本で最もよ く知られている妖怪の一つ。川や池などの水界に住むと云われ、 悪さもするが間抜けで、憎めないいたずら者の伝承は全国各地 に伝えられています。 約37×118c…
  • 手ぬぐい 百鬼夜行

    深夜に徘徊する鬼や妖怪の行列を描いた百鬼夜行。 遭遇時はお経を唱えると難を逃れられるという仏の功徳を説く説話にもなっています。 矛担、白布、醜女、琵琶牧々、金槌坊、塵塚怪王、五徳猫、鳴釜など沢山の魑魅魍魎の行進です。…
  • 手ぬぐい お化け

    人間の恐怖心が生み出したお化けは日本だけでなく、世界各地に怪談として伝えられていますが、この柄は愛嬌のあるお化けをモチーフにしています。 約37×118cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに…
  • 手ぬぐい 雛人形

    平安時代、王朝貴族の幼い姫たちが行った「ひいな(小さくか わいらしいの意)」遊びが原型で、呪術的身代わりの「ひとがた」 とが融合し時代を経てよりきらびやかな祭りとなった。 子供だ けでなく、すべての人の心を愉しくさせる春…
  • 手ぬぐい ひなあられ

    ひな祭は平安時代、王朝貴族の幼い姫たちが 行った「ひいな(小さくかわいらしいの意)」 遊びが原型で、呪術的身代わりの「ひとがた」 とが融合し時代を経てよりきらびやかな祭り となった。子供だけでなく、すべての人の 心を…
  • 手ぬぐい 二十四節気

    太陽が移動する天球上の道を黄道と言い、黄道を二十四等分したものを二十四節気と言います。 今でも季節の移り変わりを表す言葉として用いられ、ニュースや天気予報でも採り上げられています。 その中でも春分、秋分の日のように祝…
  • 手ぬぐい 蒸気機関車

    この早瀬を遡る鯉の文様は、黄河上流にある「竜門」に辿り着 いた鯉は竜に変身する。という中国の登竜門伝説から来ており、 日本でも立身出世の象徴的な文様として古くから見られます。 約37×118cm 日本製 綿100% 伝…
  • 手ぬぐい お雛様

    平安時代、王朝貴族の幼い姫たちが行った「ひいな(小さくか わいらしいの意)」遊びが原型で、呪術的身代わりの「ひとがた」 とが融合し時代を経てよりきらびやかな祭りとなった。 子供だ けでなく、すべての人の心を愉しくさせ…
  • 手ぬぐい 鯉のぼり

    蝶を題材として用いた歴史は古く、奈良時代の頃すでに衣裳や 道具に使われている。有名なものでは正倉院御物裂に「紺地花 弁蝶文綿」などがある。形がやさしく、色が美しいので広く用 いられている。蝶は霊魂がこの世に現れるとき…
  • 手ぬぐい 雛道具

    まるで本物のように細かな意匠で細部まで精巧に作られた 数々の雛道具。 気品溢れる小さな小さな調度類は、春の訪れ を華やかに彩ります。 約37×118cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や…
  • 手ぬぐい こもれび

    細川とは、注染の工程 『 板場・紺屋・水元・伊達 』を2回以上繰り返して一つの柄を完成させる技法で、柄のはめ込み・色の調整等、高度な技術が必要です。 約37×118cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、…
  • 手ぬぐい カフェ

    お気に入りのカフェでゆっくり本を読んだり、友達とおしゃべりを楽しんだり・・・恋を語らう声も聞こえてくるかもしれませんね。 伝統工芸【注染】のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移ることがありますのでご注意下さい。お洗濯…
  • 手ぬぐい カフェ(糸目染)

    ほんのりと細い淵が出る特殊な染め方をした手ぬぐいです。 伝統工芸【注染】のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合がございますのでご注意ください。 お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で手洗いしてください。浸け置きは…
  • 手ぬぐい 塩の結晶

    正六面体(サイコロ形)が基本形の塩の結晶ですが、成長時の条件の違いによって、逆ピラミッド型や柱状、薄い板状など、様々な形の結晶ができます。 天日製塩に不向きな日本では、海水を塩田で濃縮した後釜で煮詰めて結晶にして…
  • 手ぬぐい 風鈴

    風鈴は金属やガラス、陶器、果ては備長炭まで様々な素材のものがありますが、どれも涼やかな音色で日本の夏の蒸し暑さを和らげてくれる元祖ヒーリンググッズといえます。 約37×98cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注…
  • 手ぬぐい 蕎麦猪口

    蕎麦好きは「道楽」に数えられる程で、おいしい 蕎麦が食べられるならどこへでも出掛けるそうです。 お気に入りの猪口で手繰る蕎麦の味はまた格別 でしょう。 約37×98cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のた…
  • 手ぬぐい 茶道具

    茶道(さどう・ちゃどう)とは、湯を沸かし、茶を点て、茶を 振る舞う行為のこと。 そんな茶道を行う上で必要な様々な茶道具たち。 お釜、鉄瓶、茶筅、茶杓、水指、建水、茶入、棗、貴人台、茶巾、柄杓、 蓋置き、袱紗、小袱紗、…
  • 手ぬぐい 和菓子とお懐紙

    茶席などでよく使われる懐紙。透かし柄が入った凝った ものも見られます。そんな懐紙に載っているのは様々な 和菓子。花見団子に柏餅、水無月等、日本の季節を 伝えるだけでなく、厄払いや縁起担ぎの意味があるものも あります。…
  • 手ぬぐい ボウリング

    1970 年代に日本で大流行したボウリング。おなじみ 並べたピンをボールで倒すゲームですが、紀元前 5200 年のエジプトで既に行われていました。昭和 レトロの懐かしさがありますが、ブームの後も、気軽に 楽しめるスポ…
  • 手ぬぐい 朝ごはん

    1日の食事の中で最も大切だと言われる朝ごはん。 和食の朝ごはんは、ご飯にみそ汁、焼き魚にたまご、 漬け物や納豆とバラエティ豊かで栄養バランスも バツグン。毎日しっかり食べて、元気な1日を過ごし ましょう。 約3…
  • 手ぬぐい サイコロ

    子供達が興じるすごろく双六も平安の昔には大人の遊びでした。サイコロ一振りに夢を見る。てのひらに乗る可愛らしい立方体にはそんな力があるのかもしれません。 約37×98cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のた…
  • 手ぬぐい 大工道具

    古来より木材建築が中心の日本の大工は、大きな柱を建てるだ けでなく優れた木工師でもありました。カンナ、金槌、ノミ、 チョウナ……手に馴染んだ道具の数々が大工の細かい仕事を助 けます。 約37×98cm 日本製 …
  • 手ぬぐい スパナ

    ボルトを締めるのに使うのがスパナ。工具類は意外とデリケー トなので、六角や四角の形をしたボルトの頭にぴったり合った ものを使う。色々なボルトに対応することのできるモンキース パナもある。ちなみにスパナは英名、レンチが…
  • 手ぬぐい オーケストラ

    大人数で演奏すると、ひとつずつの楽器とは変わった響きが生 まれます。管弦楽団を編成するのはバイオリン、チェロ、コン トラバス、ハープ、クラリネット、フルート、トランペット、 ティンパニ、シンバル、ピアノ……それから。…
  • 手ぬぐい 鍵

    鍵の歴史は古く、その起源はインド説、エジプト説、地中海説などがあります。日本最古といわれる「蝦鍵」は正倉院にありますが、中国からの渡来品のようです。ちなみに「鍵」とは鍵穴に差し込む道具の方で鍵穴のある方は「錠」といい…
  • 手ぬぐい がま口

    その名の通り、口金がガマ蛙の口に似ていることに由来します。中心にある金具を粒座女( つぶざめ) と云い、様々な形があり、らっきょう玉やこけし玉、へそ押など名称もユニーク。また、蛙はお金が返る、福帰る、無事帰るなどに通…
  • 手ぬぐい スニーカー

    まっさらなスニーカーに足を通すと何か新しい気持ちになりませんか? 使っていくうちに足に馴染み、運動会や遠足などの思い出の数だけ染まり、愛着も湧いてきます。 足元と云えど、靴は1日の気分を変えてくれるそんな存在です。 …
  • 手ぬぐい 三味線

    三味線は永禄年間に琉球より堺に伝えられ、琵琶法師らがこれを改良し、浄瑠璃姫物語などに合わせて弾奏しだしたといわれています。後に小唄に合わせるようになってからは庶民の間でも大いに流行しました。 約37×98cm …
  • 手ぬぐい かんざし

    女性の髪飾りをモチーフにした模様は江戸時代末期に流行して いました。現代でも子供用のゆかたや着尺の模様に多く使われています。 約37×98cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で…

リニューアル記念セール!

  1. 絽の涼しげなちりめんです。 ラスト1枚! 品質/絹100% サイズ/約45cm…

ランキング

のれん名入れ

noren-naire

制作例

制作例
ページ上部へ戻る