手ぬぐい 江戸切子

T-915
T-915

江戸切子  (T-915)

販売価格(税別)
¥1,000
在庫状態 : 在庫有り


切子はガラス器に施された模様のことで、天保5年(1834)大伝馬町のビードロ屋・加賀屋久兵衛がガラスの表面に彫刻したのが始まりと伝えられています。明治初頭の英国人ホープトマンの高度なカット技術指導により現代に伝わる伝統的ガラス技術が確立され、現在では東京都ならびに国の伝統的工芸品に指定されています。

約37×98cm 日本製 綿100% 伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合がございますのでご注意ください。 お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で手洗いしてください。浸け置きはお避けください。※「江戸切子」は東京カットグラス工業協同組合の登録商標です※デザイン協力:東京カットグラス工業協同組合様・カガミクリスタル(株)様・廣田硝子(株)様・ミツワ硝子工芸様・(株)清水硝子様(順不同)

オプションを指定してください。
名入れ文字(※複数枚の場合はコンマで区切ってご記入ください)
文字色
数量

関連商品

norennaire

リニューアル記念セール!

  1. s19-0
    絽の涼しげなちりめんです。 ラスト1枚! 品質/絹100% サイズ/約45cm…

ランキング

のれん名入れ

noren-naire

制作例

制作例
ページ上部へ戻る